読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おヒマならボドゲでも〜略してヒマボド?〜

ボードゲーム初心者が、ゲームの記録をしたり、ルールをメモしたり、このボドゲ欲しいなぁとかうだったりするブログ。

『ロンバルディアの王冠』(2015.4.4)

ロンバルディアの王冠

f:id:A-yuu:20150405213215j:plain

  • 2人専用プレイ
  • スペースなくても手軽に遊べる
  • イラストが愛らしい

一昨年の年末に東京の『すごろくや』さんに行った時に買ったゲームですが…漸く日の目を見ることに。上の写真は電車の4人がけの椅子で向い合ってプレイしています。私の膝の上においてあるのは『おでかけブロックス』を裏返したもの(苦笑)。山札を2つ作るスペースがあればプレイできるのはいいですね。

ゲームの目的は「流浪の王子を救い出して権力の座を手に」とか説明書にはありますが、要はカードを使って勝利点を10点を稼ぐことです。

↓「前衛的スコアカウンター」(*ルールブックに書いてある表記)

f:id:A-yuu:20150405214158j:plain

カードの種類は以下の4種類28枚

  1. 「王子」(2枚で好きなカード1枚として使用できる。全3枚集めて公開→勝利)
  2. 「司教」(3枚同時公開で1点、4枚同時公開で2点。計5枚)
  3. 「貴族」(2枚捨てて2点。計9枚)
  4. 「騎士」(効果は後述。計11枚)

最初に手札が5枚からスタートし、手番のプレイヤーは山札から3枚取り、好きな1枚を手札に加え、対戦相手に渡します。対戦相手はその2枚のうち好きな方を手札に加え、残りの1枚を捨て札の山に置きます(捨て札の山は非公開)。

このゲーム、プレイして思ったのですが、序盤の展開がとても静かなものになります。というのも「騎士」のルールがためでして↓

f:id:A-yuu:20150405214521j:plain

「騎士」の効果は「捨てた枚数だけ点を奪う」ので、それをされないように「防御」のために騎士を集めるまではうかつに勝利点を取れないためです(攻撃されても、0なら点を奪うことはできない)。

しかも先のルールにもあった通り、手番でないときのカード補充は、相手が選ばなかったものが廻ってきますから、対戦相手にも手札をある程度読まれているのです。

「司教」は公開するだけで点になるので強そうですが、捨てないので手札を圧迫しますし(手番の終了時に8枚以上持っていたら、手札を半分捨てなければならない)、騎士の攻撃を受けて防御できなければ確実に3点は奪われます。

そんなわけで、手札に「騎士」が来るまでは「オレのターン! ドロー! オレはターンを終了するZE!」という遊戯王のMADごっこをしばらく繰り返すことになります^^;

遊戯王(のMADかネタ)を知っていないと、だれてしまうかもしれない(??)
でも電車のコンパートメントでも遊べる小スペース用の貴重なゲームです。

ゲーム紹介:ロンバルディアの王冠 高円寺0分すごろくや

そんなわけで、お暇なら『ロンバルディアの王冠』はどうでしょう?(←久々の決め台詞)