読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おヒマならボドゲでも〜略してヒマボド?〜

ボードゲーム初心者が、ゲームの記録をしたり、ルールをメモしたり、このボドゲ欲しいなぁとかうだったりするブログ。

『ロール・フォー・ザ・ギャラクシー』(2015.10.4 ジークフリート例会、前)

いやいや、久々のボードゲーム! そして久々の更新ですよ~
固定読者がいるとは思ってませんが、ご無沙汰でございました~

◯『ロール・フォー・ザ・ギャラクシー』

f:id:A-yuu:20151004234515j:image
さてそんなわけで、例会開始前から遊んじゃってますが、黒モンポカを押しのけて取り出されたこちらの一品をプレイすることと相成りました。
『ロール・フォー・ザ・ギャラクシー』は異星人を征服したり、力を借りたりしながらおらが銀河帝国を作ろう!というゲームでしょう(たぶん)。良いところは、
  • ダイスがいっぱい振れる!
  • 駆け引きが意外と面白い!
  • コンポーネントが多い割には早く終わる!
といったところでしょうか。ダイスがたくさん振れるゲームはそれだけでいいですなぁ~。元になった『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』を知っている必要はないようです(私は未プレイです)。
レース・フォー・ザ・ギャラクシー (日本語版)

レース・フォー・ザ・ギャラクシー (日本語版)

 

 

f:id:A-yuu:20151004234536j:plain

手番制ではなくて、一旦全員がついたての中で秘密裏にダイスを振ります。ダイスの目がアクションに対応しており、まず①絵柄に合うように振り分けます。②そしてこのラウンドでプレイしたいと思うアクションに振ったうちの適当なダイスを配置します。そしてついたけオープン。
プレイヤーが②で選んだアクションがこのラウンドで行うことができるアクションになります。なので、プレイヤーそれぞれが別々のアクションを選べばみんなアクションが行えますが、1つに偏れば1つしかできません……。
基本的にアクション出来る回数や、配置出来る数は、①で絵柄を合わせたダイスの数で決まります。
アクションはⅠ.探査、Ⅱ.発展、Ⅲ.移住、Ⅳ.生産、Ⅴ.出荷に分かれており、
Ⅰで「設備」や「惑星」を探し(タイルを引きます)、
Ⅱ.で技術開発(タイルに書かれた数字のダイスを乗せるここが出来れば完成)、
Ⅲ.で惑星の征服・移住(Ⅱに同じ)、
Ⅳで移住した星で生産し、Ⅴで出荷してお金や勝利点を得る、
……というような流れでしょうか。
f:id:A-yuu:20151004234609j:image
出荷で勝利点を稼ぐタイルを得た④の数字のタイルを獲得したのに、なかなか生産と出荷のアクションができず、お金もなくなってしゃがんでしまい結果2位に……。
「このアクションは彼に選ばせて、自分はこのアクションを選べばいいな」というようなついたての中でやってた思惑が、当たったり外れたり……そのわ~!ぎゃー!が楽しいゲームですね。もちろんタイル獲得時のボーナスを上手く組み合わせて、一気に点を稼ぐ醍醐味のようなものもあります。
ロール・フォー・ザ・ギャラクシー (Roll for the Galaxy)

ロール・フォー・ザ・ギャラクシー (Roll for the Galaxy)

 

 そんなわけで、お暇なら『ロール・フォー・ザ・ギャラクシー』はどうでしょう?