読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おヒマならボドゲでも〜略してヒマボド?〜

ボードゲーム初心者が、ゲームの記録をしたり、ルールをメモしたり、このボドゲ欲しいなぁとかうだったりするブログ。

『チケット・トゥ・ライド Ticket to ride』(2015.11.23 HHG会)

11月も3連休最後の祝日、とても良い天気のお休み。
そんなせいか、参加者もちょっと少なめ。
向こうの卓では18やってましたけども、こちらの卓では私のリクエストでいいってことで、やったことがないけども有名なゲームをプレイさせてもらうことに。

siegyonago.blog.so-net.ne.jp

◯『チケット・トゥ・ライド』

f:id:A-yuu:20151208195528j:image

別に向こうの卓の18を意識したわけではないのですが、候補には登るけどやらない『Ticket To Ride』をプレイすることに(ホビーハウスゲーム会にしてはたいそう軽いですが、たまにはいいよ、ね?)

いや別に鉄ちゃんとかそういうわけではないし、プレイしても特に鉄ちゃん要素は感じられなかったような(^_^;)

チケット・トゥ・ライド10周年記念版 多言語版

チケット・トゥ・ライド10周年記念版 多言語版

 

f:id:A-yuu:20151208195602j:plain

広大なアメリカの大地にたくさん鉄道を敷いて楽しいな(?)というゲーム^^;

鉄道で物を流通させたり、金を稼いだりする訳ではないのです。
鉄道を敷いて得点を稼ぎ、ゲーム開始時などに獲得した個人目標を達成して点を得、もっとも得点の高いプレイヤーが勝者となります。

最初は上の写真のような目標を3枚与えられるのですが、達成出来なければ同額のマイナス点を食らってしまうので注意が必要です。達成出来そうなものだけを選んで取らなければなりません……とりあえず今回は全て残しておき、全て達成しましたが(3人プレイだと意外といけるらしい)。

f:id:A-yuu:20151208195759j:image
線路(列車?)を引くためには、ボード上に書かれた色と同じ色カードを同じ枚数出さなければなりません。上の写真では分かりにくいですが、緑色のカードを6枚出して線路を引きました(私の担当色は青色列車です)。
目的カードにもあったように「ヒューストン→ポートランド」間を繋げると高得点なので、ここからスタートしました。
 
手番のプレイヤーは1.線路を引くためのカードを山札から引く、2.目的地カードを引く、3.線路を引く、のいずれかのアクションを行います。ちなみに、線路を引くためのカードは2枚引くことができ、伏せられた山札からも取れますし、公開の場からも取れます(オールマイティーカードは公開の場からは1枚しか取れない)。
ああ、場の写真を撮るのを忘れてました……
f:id:A-yuu:20151208195715j:image
ボードに書かれた路線には限りがあるため、他のプレイヤーより先に線路を敷設しないと都市間を繋げなくなってしまうことがあるのですが、都市間でも長い線路を作ったほうが点が高い(1枚で繋げられる路線は1点ですが、最大の6枚になると15点まで上がる)ので、そのバランスが難しいところでしょうか。
そんなこんなでカードを引きまくって、広大な北米大陸に線路を引きまくっていきます……そうして、45車両ある列車が2個以下になるまで置いたところで、エンドトリガーとなります。
最終形態は↓のとおり。
f:id:A-yuu:20151208195827j:image
エンドトリガーを忘れていたので、ちょっと間違えました(「ボストン→ワシントン」間をつなげられませんでした)が、接待して頂き1位を撮ることが出来ました(^^)
チケット・トゥ・ライドアメリカ 日本語版

チケット・トゥ・ライドアメリカ 日本語版

 

 今回プレイしたのは10周年記念版でしたが、ルールは基本的に一緒なはず。

単純ながら、楽しめました。手札制限がないカードドローと、線路引きは楽し(?)
そんなわけで、お暇なら『チケット・トゥ・ライド』はどうでしょう?
 
あ、ルールが分かったから、これでアプリ版もできるー
Ticket to Ride Pocket

Ticket to Ride Pocket

  • Days Of Wonder, Inc.
  • ゲーム
  • ¥240

 

f:id:A-yuu:20151208195849j:image