読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おヒマならボドゲでも〜略してヒマボド?〜

ボードゲーム初心者が、ゲームの記録をしたり、ルールをメモしたり、このボドゲ欲しいなぁとかうだったりするブログ。

Bussiness (2016.2.14 HHG会)

ゲーム会 ゲーム紹介

なんと、2月も中盤にして今年初エントリ!

……大変遅くなりましたが、本年も宜しくお願いしますm(_ _)m

○ビジネス

f:id:A-yuu:20160216202257j:plain

  • オークションでの読み合いが楽しい!
  • 適正相場を考えるのが面白い!
  • 何故かダイスが振れる!

当日集まった6人でもプレイ可能という事で、シド・サクソン作のこちらのボードゲームをプレイすることに。アクワイアと同じお金をお金で増やすのを抽象化したゲームですか…なんかイヤな予感しかしない気も(ー ー;)

簡単に言うと、ランダムに取り出され、プレイ人数により決められた法則に並んだ株トークンの束を掛けてオークションを行い、その株トークンを相場で売って儲けるゲーム。

相場は変動し、トークンも色によって個数が違うのでその辺を考慮しつつ、どの束のトークンを取るか、そのためにはどのくらいのお金を出せばいいのかを考える必要があります。

f:id:A-yuu:20160216202626j:plain

手持ちは確か105ドルからスタート。

この紙幣を必要な数だけ握りしめて(最低でも10ドル以上)、一斉にオープンします。

一番多く払った人から順番に、ボードの真ん中にある好きなトークン束を取ります。 

↓は6人プレイなので6束(6列)あります。

(*同じ値段の人が複数いた場合、ダイス目によって決着を付けます!

f:id:A-yuu:20160216235525j:image

こちらのトークンを取るためのオークションが終わったら、次は売るターンです。

売る時はその時の相場によって値段が変わります。これはゲームを始める前に、ランダムに裏向きで配置し、フェイズが進むごとに向こう3枚までオープンします。

1フェイズがひと月と考えれば分かりやすいでしょうか。3ヶ月先の相場まで分かっているということですね(現実ではめちゃくちゃスゴイことですが…)。

f:id:A-yuu:20160216202634j:plain

↑のようにトークンの色パターンによって売値が決められているので、その組み合わせで売っていきます。

ちなみに四半期末(3、6、9、12月)は相場が何故か2倍になるので、上の写真の例でいくと青5つのトークンは120×2で240ドルで売れます!

 

オークション相場を読んで、狙っていた順位を狙っていた価格で競り落とせると楽しいですね〜(^^)

そんなわけで、お暇なら『ビジネス』はどうでしょう?