読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おヒマならボドゲでも〜略してヒマボド?〜

ボードゲーム初心者が、ゲームの記録をしたり、ルールをメモしたり、このボドゲ欲しいなぁとかうだったりするブログ。

『暗黒議会 Dark Assembly』(2016.5.5 HHG会)

ゲーム紹介 ゲーム会

世の中にゲームはたくさんあって、プレイできるゲームは限りあれど、ブログに書くゲームは更に少ない(管理人)

しかし、このゲームをプレイしたのはゴールデンウィークなのか……

◯暗黒議会 Dark Assembly / 操られ人形館

f:id:A-yuu:20160524143215j:image

正直だいぶルールを忘れておりますが(汗)

あ、Amazonさんの力を借りよう(汗)(汗)

魔界の中枢である暗黒議会では、今日も「政治」が行われている。
プレイヤーは暗黒議会の議員となり、「政治」を通じて多くの金貨を手に入れるのがゲームの目的だ。
メインボードのアクションマスに駒を置くことで多くの行動を行う
ワーカープレイスメントと呼ばれるタイプのボードゲームとなっている。

支持者から「貢物」を巻き上げ、それを闇市で売り払い金貨を手に入れよう!
ただし、政界の要人たちもプレイヤーに「納品」を求め、次第にその要求は増えていくことだろう。
「納品」は拒否することもでき、その場合代替として負債を負い、ゲーム終了時の失点となる。
律儀に「納品」を行えば罰則はないが、横流しをする貢物を失うこととなるため、
より多くの金貨を獲得するためには時には「納品」を拒否して負債を負うことも必要となるだろう。*1

 

f:id:A-yuu:20160524212742j:image

資源(貢物)やお金を管理する自分のボードはこんな感じ。

アクション駒はボードの上の鍵穴みたいなアイコンと同じ数、つまり4つです。
ボードの1番下のは、お金があっても返せないので「借金」というより単なる「ペナルティ」ですね(^_^;)
さきほどの引用でいうところの「負債」でゲーム終了時に精算となります。

ワーカープレイスメントという点や雰囲気が『ウォーターディープの支配者たち』に似た印象を持っていたのですが、特徴的なのは「闇市」のシステムでしょうか。下のように獲得した商人?は自分の場に左から順番に並べられ(例外あり)、原則、左から順番にしか効果を発動出来ません。

f:id:A-yuu:20160524212756j:image

ワーカープレイスメントということで、アクションの回数が限られている中で、一気に物を売ってお金を稼げるのは大きいですね。

ちなみに選ぶアクションによって、全員は使えない(入るスペースがない)ものや、早く入るほどコストが安くなるアクション、逆に高くなるものもあり、なかなか考えさせられます。

f:id:A-yuu:20160524214942j:image

ただ写真は撮っていませんでしたが、政治カードというのが永続パーマネント、つまりその場にあって条件を満たせば効果を発揮し続けるものがありまして、これが強かった。良いカードを早めに引いて、「議事堂」のアクションからカードをセットできればかなり有利なんではないかと。

長くなるので細かいルールは省きましたが、紹介動画もありますので、参考までに↓


【操られ人形館】DARK ASSEMBLY ルール概要

お暇なら、『暗黒議会 Dark Assembly』もどうでしょう?

DARK ASSEMBLY(暗黒議会)

DARK ASSEMBLY(暗黒議会)

 

 

*1:amazonさんの商品説明より引用