読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おヒマならボドゲでも〜略してヒマボド?〜

ボードゲーム初心者が、ゲームの記録をしたり、ルールをメモしたり、このボドゲ欲しいなぁとかうだったりするブログ。

きみラクダだから乗っていいよね?ぼくラクダだけど (『キャメルアップ』 2015.5.17 @ジークフリート例会)

お……プレイから1ヶ月以上開いてるじゃないですかヤダ~……毎度記事をあげる総務どのは凄いなぁ。

siegyonago.blog.so-net.ne.jp

f:id:A-yuu:20150517233814j:image

わたくし例会には昼から参戦しまして、『キャメルアップ』をプレイすることになりまして。インストによるとラクダゲーのレースゲーでバカゲーだとのこと。
期待が高まります(笑)


プレイは手番制で、自分のターンに①全てのラクダが動いた後の1位を予想するか(当たれば5金)、②ラクダが踏むと一歩進むor戻るトラップを仕掛けるか(ラクダが踏む度に1金)、③ダイスを振るか(1金)、④レースの終了時のトップor最下位を予想する(早く予想をベッドし、当てるほどお金がもられる。レースが終わるまで非公開)、のなかから1つ選んでアクションします。

上記を繰り返し、1頭以上のラクダがゴール地点を超えた時点(そのフェーズだったかも?)で終了。一番お金を持っているプレイヤーが勝者です。お金稼ぐ系は分かりやすいですね~

f:id:A-yuu:20150517233800j:image
↑やっぱりアレですね。ピラミッドみたいなギミックにラクダ各色のダイスを入れて、振るのが楽しいですね。ピラミッドを振って(!)、逆さにして置き、スライドを押して、1つだけポトッと落とす……文字で伝わりますかね?
このアクションでは1金しかもらえないのですけどね……
 
ダイスは0-3しかないので、同じマス目に止まるような数値のこともよくあります。その時は「後から来たラクダが、そこにいたラクダの上に乗る」というのが斬新で(*_*;
しかも、乗られた方のラクダが動けば、当然乗っているラクダも一緒に進むという波乱的な要素を含んでいます(笑) これで「うぎゃ~!お前乗るのかよ!進むのかよっ!」と言うバカゲーなんですねゆかいゆかい(?)
f:id:A-yuu:20150517233731j:image
 
結果はどうだったかというと……ちゃんとレース最終1位を当てて勝ちましたよ~いやぁ勝てるゲームはいいゲーム(以下略
 
この後、『ルイス・クラーク探検隊』もやったはずなのですが、写真がない……ま、最下位な感じだったし忘れたのかぁ~いやぁ勝てないゲームは……も良いゲームなんじゃないかなぁ(汗)
そんなわけで、お暇なら『キャメルアップ』もどうでしょう?
キャメルアップ 日本語版

キャメルアップ 日本語版